【オナ禁6日目レポート】ムラムラすることは悪いことではないという気づき

オナ禁日記

さて、6日目のオナ禁。

今日は朝の寝起きはバッチリ!

オナ禁専門のYoutubeチャンネルで得た知識なのですが、

オナ禁をすると深い睡眠が可能になる

とのこと。

これ、たしかに効果を実感しました。

毎日自慰行為をしていたころは眠りが浅く、朝4時ごろに一度目をさましてしまう生活リズムでしたが、今日の朝は目覚ましをかけた時間にスッキリ起きることができました。

目覚めのあとはついスマホをいじってしまいますが、

「よしっ!」

と気合を入れれば、ダラダラ行為を中断させるくらいまでは自制できるようになってきています。

いつもよりシャンとした朝でした。

睡眠の質があがれば寝起きが違う。

素晴らしい、オナ禁。

オナ禁のデメリットはムラムラ

オナ禁の最大のデメリットは

衝動的に感じるムラムラ

にあると思います。

仕事中に感じるムラムラは強烈ですが、こればっかりは仕方ありません。

無我の境地でやり過ごすしかありません。

時折、

「早く触って欲しいなw」

というムスコの声が下半身から聞こえてきますが、それは無視。

なんとも辛いですが、せっかくためてきたものを出してしまっては意味がありません。

我慢我慢の日々が続きます。

とはいえ、逆にいえば、そのムラムラの衝動はこれまで毎日自慰行為をしていた自分が失ってきた気力。

ムラムラしているということは、それだけパワーに溢れているということ。

そう考えれば、もったいなくて自ら出そうなんてとてもじゃないけど思えません。

誰が出してやるものか。

俺は俺のためにパワーを使う。

パソコンやテレビの前の疑似の女性に対して自らの気力を放出するなどバカの極みだ。

なんつって。

仕事の効率もアップ

オナ禁の影響は仕事にも出ています。

これまでよりも仕事の効率が格段にアップしているのを感じます。

具体的に言うと、これまではダラダラとしてなかなか仕事モードになれない自分がいましたが、オナ禁をはじめてから、そのダラダラが消え(朝の寝起きと同じですね)、サッと仕事集中モードに入ることができています。

「ムラムラしているから仕事に集中できないんじゃないの?」

と思う方もいるかもしれませんが、逆です。

ありあまるムラムラパワーを仕事にぶつけているのです。

そう考えると、ムラムラすることは悪くありません。

男のパワーの源はムラムラにあるのでは?

そう思うこの頃です。

まとめ

いろいろ書きましたが、まとめると、

  • オナ禁によりダラダラモードを脱する時間が短縮できている
  • ムラムラはむしろパワー

です。

以上です。

では、明日も引き続きオナ禁を頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました