【オナ禁5日目レポート】未知の領域に足を踏み入れた気がする

オナ禁日記

オナ禁5日目です。

朝の寝起きに関しては変化無し。いつもと変わらず布団の中でダラダラ。

ですが、股間が大変なことになっています。

「中学生か!」

とでもいいたげなくらい、元気です。

そりゃそうか、オナ禁5日目だもの。

気づいた自分のダメなところ

さて、昨日のブログでも書きましたが、引き続き積極的な自分をキープできています。

具体的に言語化すると、

  • 返事の声が大きくなった
  • 返事の態度が明るくなった
  • 気軽に物事に取り掛かれるようになった

です。

昔の自分を取り戻したような気がしてとても気持ちがいいです。

溢れる積極性。

なんだこれ。

自分じゃないみたい。

それもこれも、オナ禁によって無駄な気力を消費せず、体に力が溢れているからでしょう。

でも、これが本来の自分の気力なんです。

なんとなく自分はパワーが他の人よりも低いと思っていたのですが、それは単にポルノ漁りと自慰行為に無駄な時間と力を注いでいたからだったのか。

自分はちゃんとパワーを持っていた。

でも、それを阻害していたのは自分自身。

自慰行為という無駄で非生産的な行為がこれまでの自分の人生を狂わせてきたことに気づきました。

「よくもまあ無駄なパワーと時間をパソコンの前の女性に対して浪費していたな…。」

これが今の心境。

こんなことを繰り返していても人生何一つ好転しない。

「その時間と労力、他のことに注いでいたらどうなっていただろう…。」

後悔してもしきれませんが、自分のダメなところに気づけたことに感謝です。

脱スマホも始めました

あと、オナ禁をスタートさせてから、物理的にエロを遠ざける意味も込めてなるべくスマホを触らないようにしています。

これまでであれば机の上に置いて、通知がきたらすぐにスマホに飛びつくということを1日に何度も繰り返していたのですが、

「さすがにこれじゃスマホ中毒者じゃないか!」

ということで、なるべくカバンに入れておくようにしています。

ラインの通知、ツイッターの通知、メールの通知、確かに大事ですが、「いますぐ」にみなきゃいけないわけではないものが大半です。

「そんなものに時間を取られるくらいなら、もっと生産的なことに時間を使いたい。」

そう思えるようになりました。

オナ禁にあわせて脱スマホ、始めています。

四角いデジタルの箱に自分の時間を奪われず、自分の人生を取り戻す。

そんな感覚です。

まだまだスマホがそばにないとムズムズしますが、引き続き自分の変化を見ていきたいと思います。

まとめ

いろいろ書きましたが、この5日目でオナ禁の効果を確信しています。

素晴らしい。

これはまさに未知の領域です。

これからどんな自分になれるのか?

それを見定めるためにも、引き続きオナ禁を続けます。

これまでに比べてかなり強いムラムラが襲ってきてどうしようもない時間帯もありますが、それを我慢するだけの価値があります。

無駄な時間と体力は使わない。

あくまでも人生は自分のために存在する。

こんな考え方、毎日自慰行為をしていた自分では気づけませんでしたね。

オナ禁をはじめて本当によかった。

明日も引き続き頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました