【人生を変えよう】毎日オナニー(自慰行為)をしてしまう人の特徴とオナ禁の効果について

禁欲

あなたは毎日オナニーしていませんか?

終わったあとの罪悪感虚しさに嫌気がさしているにもかかわらず、オナニーをやめられない。

そんな風に悩んでいませんか?

かくいう僕も毎日オナニーがやめられず、もはや日課となっていました。

毎日帰宅してからポルノサイトを巡回しオカズを探しオナニーをする。

貴重な時間を潰し、そして、オナニーの疲労からダラダラ過ごしてしまう。

結局、何も変わらない日々を過ごしてしまい、人生が好転することはありませんでした。

ですが、オナ禁と出会うことで僕の人生は好転しつつあります。

今回の記事では、毎日オナニーをしてしまう人の特徴とオナ禁の効果についてお伝えしたいと思います。

毎日オナニーをしてしまう人の特徴

一言で言うと、

自分に対する自信が著しく欠如している

そんな人は毎日オナニーをしてしまいます。

というか、オナニーに逃げてしまうのです。

自分の中に何かを成し遂げた成功体験の数が少なく、自分に対する自信が持ててない。

常に精神的に不安定な状態なので、そこから逃れるためにオナニーという一時的な快楽に逃げてしまうのです。

あなたも心当たりないですか?

オナニーは、その時は気持ちいいかもしれませんが、終わった後の後悔が半端ありません。

しかも、体力も気力も一気に抜けてしまうため、そのあと何もする気が起きなくなってしまいます。

「よし!一回オナニーしてスッキリしてから取り掛かろうか!」

と思っても、終わったあとは疲労感から何もする気が起きなくなってしまいます。

こんな毎日を過ごしていては人生を変えることなど到底無理。

自己肯定感を失われてしまい、自分に対する自信が持てないままの状態が永遠につづくこととなります。

変わりたいならオナ禁がオススメ

そんな負のループを断ち切るためには、オナニーをやめるしかありません。

そう、オナ禁です。

僕のように毎日オナニーをしていたような人間からすれば、相当過酷なミッションです。

ですが、ノーリスクノーリターン。

行動しなければ人生が好転することはありません。

オナ禁によって得られるメリットは計り知れませんが、体感した効果を挙げてみます。

  • 人に対して積極的になれる
  • 行動力がアップする
  • 朝起きるのが楽になる
  • ダラダラしなくなる
  • 女性に対して執着しなくなる

いかがですか?

今あなたが「こうなりたい!」と思えるような人物像に当てはまっていませんか?

もし、毎日オナニーをしていて、

「こんな自分じゃダメだ!」

と悩んでいるのであれば、一度騙されたと思ってオナ禁をすることをオススメします。

上記のオナ禁の効果は僕個人が感じた効果です。人によって個人差があります。

オナ禁は自己肯定感を高めてくれる

さきほど挙げたオナ禁の効果ですが、これは自分の欲望を制限することで自己肯定感が高まり、その結果として生まれるものだと思います。

僕たちが今生きている世界では、すべての欲望は一瞬にして手に入れることができます。

わからないことを調べる、欲しいものを買う、知らない人同士がつながる、裸の女性の画像を見る、世界のポルノサイトを見る。

すべての欲望はスマホによって一瞬で手に入るようになったのです。

オナニーもそうです。

したくなったらスマホでエロ動画を検索すればいいのです。

どこにいても世界中の美女の卑猥な姿にアクセスができ、昔とは比べものにならないくらいのクオリティのオカズで制欲を解消できます。

でも、それをあえて制限し、ストイックにオナ禁を貫くのです。

一瞬で自分の欲望を満たせるこんな世の中において、自らを制限し、欲に流されない。

自己肯定感が高まって当然です。

自分に対する自信が生まれますよ?

だって、大半の人ができないんだから。

たかがオナ禁?

しょうもない?

そう思うなら一度やってみてください。

行動せずに批判するのはただの評論家です。

人生を変える人になりたいのであれば、まず自ら行動してから発言をするようにしましょう。

あなたも、そんな自分を変えたいと思っているんでしょ?

まとめ

あれこれ書きましたが、僕がいいたいことは、

いま毎日オナニーをしているのであれば、いますぐやめましょう。

そして、騙されたと思ってオナ禁を始めてみてください

ということ。

少しずつですが、変わりつつある自分に気づくことができるはずです。

最初は辛いですし、ムラムラする衝動が抑えきれないかもしれません。

ですが、その衝動はあなたが毎日無駄に消費していた”あなた自身の活力でありパワー”なのです。

テレビやパソコン、スマホの画面越しに映る女性に発散するくらいなら、その力を現実の世界にぶつけてやりましょう。

同じ悩みを持っていた人間として、あなたを応援します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました