「あなたのためを思って言っている。」「お前のことを思っているから言っている。」というアドバイスが持つ卑怯さとは?

人間関係

会社の中で上司から叱られたりした時、

「俺はお前のために言っているんだからな。」

と言われたことありませんか?

僕はこうやって叱ってくる人は非常にずるいと思います。

言い方はキツイですが、卑怯、とさえ思います。

今はそんなことについて少し書いてみたいと思います。

お前のためを思って言っている。

そう言っておけば、どのような内容の発言であったとしても、それは一定の正義を持つことになります。

なぜなら、発言者は「お前のために」という免罪符を手に入れることができるから、です。

一方、被害者は「お前のために」と言われた方。

たとえ相手から罵詈雑言を投げつけられたとしても、相手に「お前のために言っている」という建前があれば、それを自分の中に受け入れなければいけない状態になってしまいます。

もし仮に受け入れなかったとしたら、

「あいつは聞く耳を持たない。」

「せっかくあいつのためを思って言っているのに。」

と、相手に都合のいい逃げ道を与えてしまうこととなり、立場が不利になるのでやっかい。

よくあるシチュエーションとしては、会社の上司から

「お前、最近全然仕事のペースが遅いじゃないのか?なにやってるんだ?まあ、俺もあんまり叱りたくはないんだけど、お前のためを思ってあえて心を鬼にして言っているだ。」

みたいなセリフ。

多少なりとも社会人の経験があれば、誰もが一度は言われたことあるはず。

このセリフには「好き勝手言わせてもらうが、一応はお前のことも思って言ってるんだぜ?だから、ムカついても腹がたっても俺のことは嫌いになるなよ?ん?」みたいな、浅はかなで身勝手な気持ちが透けて見えます。

部下に対して圧力をかけたり、影響力を持ちたい。

都合のいい思いから出るセリフです。

個人的には「お前のために」と前置きしてくる人には一定の警戒感を持っていますし、そうやって言ってくる人は大体は偽善者だと思っています。(全員がそうであるとは思いませんが。)

その昔、僕がまだ起業していたころ、右腕的存在だった創業メンバーのK君を叱責する際、よく使っていたことがあります。

理由は簡単。

「お前のために」と言っておけば、

「ああ、この人は自分のためを思って言ってくれているだ。厳しいこと言ってくれているけど、そこには愛情があるんだ。」

と、思ってもらえる。

そんな期待があったからです。

そこには

言いたいことは言わせてもらうが、嫌われたくない。

そんな甘い考えがありました。

逃げ道を自分で作っていたんですよね。

自分もそのセリフを使っていたからこそ、余計に嫌なんですよ、「お前のために」なんて言ってくる人。

結局、自分が可愛いだけっていう気持ちから出ているのがわかるから。

いずれにしても、「お前のために言っている」なんて言ってくる奴はろくなもんじゃない。

本当に自分のことを思ってくれているのであれば、そんな「逃げ道」を作った上で何かを指摘してくるなんて卑怯なことはしない。

きちんとまっすぐぶつかってきてくれるはずです。

世の中、ずるい人はたくさんいます。

ずるい人ほど、「俺はずるくない」という顔をしてやってきます。

判別するのは難しい。

ここは経験を積むしかありません。

注意しましょう。

とりとめのない記事になりましたが、言いたいことは以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました